ネット広告の利用規約

詳細の内容については、下記のネット広告ご利用規約を必ずご確認下さい。

セカンドエイト株式会社(以下「甲」と言います)は、甲が運営するインターネット広告(以下「本サービス」と言います)を ご利用頂くにあたって、インターネット広告ご利用者(以下「乙」と言います)の皆様は、以下のサービス規約について(以下「本規約」と言います)了承したものとさせて頂きます。

第1章 総則

第1条 (規約の適用)
本規約は、甲と乙との間に生ずる一切の関係に適用されるものとします。本契約と同様に、本サービスに付随する全てのサービスにも本規約が適用されるものとします。
第2条 (規約の変更)
甲は乙に承諾を得る事無く、本サービスや本規約を変更する場合があります。乙はこれらを承諾するものとします。
第3条 (甲が提供するサービス内容)
  1. ドメインのレンタルサービス
  2. サーバーのレンタルサービス
  3. メールアカウントのレンタルサービス
  4. インターネット広告の運営管理
  5. その他本サービスに関連するサービス
第4条 (通知方法)
甲から乙に対する通知は、本規約に特に定めない限り、甲が運営するサイトからの電子メールを送信する方法により行います。
甲が乙に対して前項記載の方法により通知した場合において、甲からの通知が乙に到達しなかったとしても、当該不到達に起因して発生した損害について、 甲は一切責任を負わないものとします。

第2章 利用申込等

第5条 (利用申込)
乙は甲が運営するサイト上の申込みフォームを利用して、インターネット広告を申込むものとします。乙が未成年の場合、本サービスの利用申込を行うことは出来ません。
第6条 (利用申込の拒絶・取消し)
乙の申込み後、乙が以下のいずれかに該当することが判明した場合、甲はその申込みを拒絶し、申込みの取り消しを行うことができます。
また、乙が甲に対して初回分を入金後に申込を取り消した場合、初回分は返金しないものとします。
  1. 乙が申込みを申請した時に虚偽の内容を記入した場合
  2. 申込み内容が明らかに不適切であると、甲が判断した場合
  3. 乙が甲の本サービスを利用することにより、甲の本サービス提供に重大な支障をきたすと甲が判断した場合
  4. 乙が甲の社会的信用を失墜させる状態で本サービスを利用するおそれがある場合
  5. 乙が暴力団関係者、反社会的団体、それらに関係する者と認められる場合
  6. 希望するホームページの内容が、一般社会的に悪影響を与える可能性が有ると甲が判断した場合
第7条 (ネット広告利用の開始日)
乙が申込みをし、乙より初回分が甲に入金されて、甲より乙に対して送信した利用開始の案内メール内のURLを乙がクリックした時点を利用の開始日とし、本契約の開始といたします。
但し、最大10日後までに甲が指定する方法で入金確認が取れない場合は、自動的に乙の申込を無効とし、本契約は開始しないものとします。
第8条 (利用期間)
利用期間は契約確認書の内容により、3年以上とし、本契約開始日からの起算となります。
また、期間中に乙の入金が確認出来ない場合は、甲が本サービスを停止する場合があります。停止中のサービスの内容やデータの破損は一切保証する対象とはなりません。
第9条 (最低利用期間及び中途解約)
本サービスの利用契約の最低期間は36ヶ月とします。また、利用期間の起算日は契約日の翌月1日となります。
申込利用期間中、甲へ一度支払われた利用料金は、法律の定めがある場合を除いて返還しないものとします。
契約期間に満たない途中解約の場合は、残りの期間の範囲で一括でお支払して頂きます。
第10条 (利用の停止)
以下の場合、甲は理由の如何に関わらず乙に対する本サービスの提供をただちに中止できるものとします。
また、規約違反により甲に損害を与えた場合には、甲が乙に対し損害賠償請求できるものとします。
  1. 乙が甲に対して虚偽の申告をした場合
  2. 乙が本規約に違反する行為を行った場合
  3. 乙が本規約第4章(禁止事項等)及び別途記載の禁止事項のページに定める内容に抵触する行為をした場合、または、その行為をするおそれがある場合
  4. 本規約第12条及び第3章に定める通り料金の支払いが無い場合
  5. 乙が違法、または、明らかに公序良俗に反する内容でサービスを利用した場合
  6. その他甲が乙の本サービスの利用について不適切と判断した場合
  7. 上記理由で甲が本サービスの提供を中止したことにより、乙に生じた損害等については、甲が一切責任を負わないものとします。
第11条 (変更の届出)
乙は申込み時に申告した内容に変更があった場合、直ちにメールと電話及び文書にて、甲に対してその変更を行うものとします。
第12条 (本サービス利用の中止)
乙は本サービスを中止した場合、その旨をメールと電話及び文書にて届け出るものとします。甲は乙からの中止を受領した場合、乙にその旨を電子メールにて通知することとします。
但し、乙の利用如何に関わらず、甲からの残り契約期間分の返金はしないものとします。利用中止によるデータのバックアップ、データ保持に関して甲は何ら関与しないものとし、また、甲はデータのバックアップ等の責任を一切負わないものとします。

第3章 料金等

第13条 (利用料金の支払方法)
  1. 乙は本サービス利用の料金及びオプション料金を、甲の指定する預金口座振替にて支払うものとします。
  2. 預金口座振替の手数料費用は、甲の負担とします。
  3. 乙が、甲の指定した支払方法以外で入金をした場合、その他、乙の責めに帰すべき要因により乙に生じた損害に関して、甲は一切の責任を負わないものとします。
第14条 (利用期間の継続、中止)
メールと電話及び文書にて、乙からの本サービス利用終了の連絡がない場合、乙は甲に対し契約自動延長の意志が有るとして、月額の指定料金を支払うものとします。乙が契約延長の意志がない場合は、終了日の3ヶ月前迄に次回契約更新中止を、メールと電話及び文書(郵便、メール便、FAX)にて通知するものとします。
第15条 (ユーザーアカウントの変更)
乙は提供機能の範囲外でユーザーアカウントの変更は出来ないものとします。
但し、甲は乙の承諾を得ることなくユーザーアカウントの変更をする場合があるものとし、この時、甲は乙に対し当該変更につきメールにて速やかに通知するものとします。
第16条 (利用料金の改定)
甲は、乙の承諾を得ることなく利用料金を改訂する場合があり、乙はこれに同意することとします。 また 、改訂後の料金体系は、本サービス更新時に適用されるものとします。

第4章 禁止事項等

第17条 (再販売行為の禁止)
乙は不特定多数に対し有償、無償に関らず、再販売と思われる行為を一切できないものとします。
第18条 (インターネット広告公開の制限)
下記の行為その他別途禁止事項のページに定める行為について、一切禁止とします。
  1. 風俗・アダルト・出会い系・法律に反する行為のサイト・コンテンツに関連するサイト等
  2. 高転送量のコンテンツ等
  3. 動画・音声ファイル・大容量ファイルの公開及び配信等
  4. その他、禁止事項に抵触するサイト及び行為等
  5. サーバーに大量の負荷を与える内容
  6. その他甲が判断した場合
  7. 大量にメールを配信する行為やプログラム
第19条 (CGIの制限)
下記の行為その他、別途禁止事項のページに定める行為について、一切禁止とします。
  1. CGI・PHP等のスクリプトからのメールの大量送信
  2. 高負荷のCGI・PHP
  3. ツーショット・個室系チャット
  4. その他、サーバーに著しく負荷をかけるおそれのあるCGI・PHP等の使用

第5章 管理

第20条 (アカウントとデータの管理)
甲が発行したアカウント及びパスワードの第三者への貸し出しを禁止とします。 甲が発行したアカウント及びパスワードの管理は、乙が一切の責任を負うものとし、甲は第三者のアカウント及びパスワードの不正使用等によリ、乙に生じたすべての損害についての責任を負わないものとします。 乙の手違いにより必要なファイルを削除したり、サーバーにログイン出来ない場合等のアカウント及びパスワード再設定には、甲が再設定料金を請求するものとします。乙が第三者にパスワードを知られたり、または、知られた可能性がある場合は、速やかに甲へ連絡し、パスワードの変更を行うものとします。 乙のディスクエリア内のデータのバックアップ管理は、乙が一切の責任を持つものとし、サーバーの障害などによって乙のディスクエリアのデータが消失しても、 甲は故意または重過失によるものを除いて、一切の責任を負わないものとします。

第6章 サービスの運営

第21条 (損害賠償)
甲は、乙の本サービスの利用に際し、サーバーダウン等その他乙が甲に損害を与えた場合、甲が乙に対し損害賠償請求できるものとします。
また、乙の本サービスの利用により本サービスに支障の生じた場合は、甲が乙に対し損害賠償請求できるものとします。
第22条 (免責)
甲は、乙の本サービスの利用に際し、第24条 (サービスの停止)に該当する内容やその他、乙に対して発生した損害につき一切の責任を負わないものとします。
また、甲は本サービスの利用に際し、乙が第三者に与えた損害の一切の責任を負わないものとし、 乙が第三者に与えた損害は乙の責任と費用をもって解決し、甲に損害を与えることがないものとします。
第23条 (守秘義務)
甲はサーバーの保守作業上必要な場合、又は乙からの依頼等、特に必要のある場合を除き乙のサーバースペース上へログインしその情報を入手しないものとします。甲は乙から得た一切の情報を第三者に開示又は漏洩しないものとします。
但し、乙が事前に承諾した場合には、その承諾の範囲で第三者に開示できるものとします。
また、刑事訴訟法第218条(令状による捜索)その他同法の定めに基づく強制の処分が行なわれた場合には、当該処分の定める範囲で行えるものとします。
特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律第4条(発信者情報の開示請求等)に基づく開示請求の要件が充足された場合には、当該開示請求の範囲で、乙の事前の承諾なく第三者に開示できるものとします。
第24条 (合意管轄)
甲と乙の間で訴訟の必要が生じた場合、札幌地方裁判所を第1審の合意専属管轄裁判所とします。

第7章 サービスの提供上の細則

第25条 (サービスの停止)
以下の場合、甲の合理的な判断に基づき乙に事前に通知することなく、本サービスの運用の全部又は一部を中断・停止することができるものとします。
  1. 天災事変、その他の甲の過失に基づかない事由が発生し又は発生するおそれがあり、電気通信事業法第8条に定める処置を取る場合
  2. 上記の法律上の要請如何に拘らず、天災事変、その他の甲の過失に基づかない事由が発生し、もしくは発生するおそれがある場合
  3. 甲の過失に基づかない電気通信設備の保守上又は、工事上やむを得ない事由が生じた場合
  4. 甲の過失に基づかない電気通信設備の障害その他、やむを得ない事由が生じた場合
  5. 法令による規制、司法・行政命令等が適用された場合
  6. 定期的なサーバーメンテナンス
  7. その他、甲の故意又は重過失に基づかず、甲がサービスの停止をやむを得ないと判断した場合
  8. 上記に基づき本サービスの運用の全部又は一部が中断・停止されたことによって生じた乙の損害については、甲は一切責任を負わないこととします。
第26条 (責任の範囲と情報の削除)
  1. 乙が使用するデータやコンテンツ内容等が、甲の管理するサーバーでのトラブル障害、損失・消失等が発生した場合甲は、いかなる責任等負わないこととします。
  2. 乙が送信・受信した電子メール情報の送信障害や受信障害等によるデータの消失や破損・等に対して甲は、いかなる責任も負わないこととします。
  3. 乙が発したインターネット広告等の情報やWEB上又は電子メール情報でのトラブルに対して甲は、いかなる責任も負わないこととします。乙が配信した情報により甲が損害を負った場合、甲は乙に対して損害賠償の請求が出来るものとします。
  4. インターネット広告ホームページ制作過程において、納品予定日が決まっていてもデザイン内容や制作に必要な資料不足等が有る場合、納品予定日を過ぎても甲に対してなんら責任は発生しないこととします。
  5. 乙が使用した電子メールのデータ等の未着や、未送信等の送受信データの内容等の責任は、甲が一切負わないこととします。
  6. 以下の場合、甲の合理的な判断に基づき乙に事前に通知することなく、情報の削除ができるものとします。
  7. 掲載内容が、本規約第4章(禁止事項等)及び別途禁止事項のページに定める内容に該当すると甲が判断した場合は、甲の合理的な判断に基づき乙に事前に通知することなく、情報の削除をすることができるものとします。
  8. 乙によって、登録された情報の容量が甲所定の容量を超過した場合は、乙に事前に通知することなく、情報の削除をすることができるものとします。
  9. その他甲が、法律及び社会通念に従って当該情報を削除する必要があると判断した場合は、乙に事前に通知することなく、情報の削除できるものとします。
第27条 (ドメイン及びメールアカウントについて)
  1. 新しくドメインをお申込頂き、ドメインの設定終了後にキャンセルした場合は、解約料金が発生いたします。また、お申込み後、入金済みの場合はその料金の返金はございません。
  2. 乙又は第三者が、発信した全ての情報に関する責任は、乙又は第三者が負うものとします。
  3. 甲は本条に関する情報を監視及び削除する義務を負うものではありません。甲が情報を削除しなかったことによる、乙又は第三者の被った損害については、甲が一切責任を負わないものとします。
  4. ドメイン持込みは、基本的に禁止とします。但し、甲が許可をして持ち込みをする場合、ドメイン管理を甲に移管し、その移管手続き及びドメイン年間費は、乙が負担します。
  5. メールアカウントは、1契約につき1アカウントとします。
  6. また、追加のアカウントが必要な場合は別途オプションとして有料となります。
第28条 (ネット広告内容)
  1. ネット広告の制作内容は、本ホームページ記載内容と致します。
  2. 本ネット広告の記載内容は、告知無く変更する場合があります。
  3. 3年目以降は、変更後の料金及び掲載サービス内容になります。
  4. 使用するインターネット広告の著作権及び商標権は、甲に帰属します。甲は、乙に許可を得ること無く変更することができます。
  5. 乙がレンタルするホームページには、甲が指定するリンクを張ることが出来ます。
  6. 1ページの最大サイズは、最大容量1000kbとしサイズは、横960PX縦1200PX以内とし、そのサイズを上回る場合は、同一ページでも2ページ目又は追加ページとなり別途費用が必要となります。
  7. テキストはメールにより乙が甲に渡し、写真データも同様とします。その他の内容は料金表に準じます。
  8. ネット広告の更新や変更データは、完全デジタルデータのメールによる入稿とさせて頂きます。テキスト内容変更(200字以内、2ヶ所まで)や画像(2点以内、画像修整は別途料金)の差し替えは、デザイン変更が発生しない範囲で、1ヶ月に1回まで基本料金内で対応致します。それ以外の部分的なデザイン変更は、10,000円(消費税は別途)から別途料金が発生します。
  9. 利用ページの一部に甲の著作権・リンクを数点貼ることに同意します。著作権・リンクを取り外す場合は、甲の承諾を得るものとします。
  10. その他の詳細な内容は、甲が紹介するホームページに記載し、ネット広告申込確認メールを甲が乙より受信した時より本利用規約及び契約内容に同意したものとします。
  11. ネット広告デザインの構成は、現在公開されているトップページ及びセカンドページのデザインに準じたものとします。違うデザインにする場合別途費用が発生します。
  12. 修正のデザイン提出後、乙は15日以内にそのデザインについて変更の申し出をしない場合は、それが最終デザインとされ制作納品となります。
  13. 修正デザインを提出後全面的な変更は、別途のデザイン料金が発生致します。
  14. 各ページが完成し、最終確認の提出後の他のページの変更は、別途デザイン料金が発生致します。
第29条 (禁止事項)

乙は、甲の許可無くインターネット広告の内容を変更することを禁止致します。

(1)コンテンツの制限
  1. アダルト系コンテンツ及びそれに関連するサイト、
    又これらを助長するコンテンツやそれに関連するリンク
  2. 出会い系コンテンツ及びそれに関連するサイト、
    又これらを助長するコンテンツやそれに関連するリンク
  3. 性風俗系コンテンツ及びそれに関連するサイト、
    又これらを助長するコンテンツやそれに関連するリンク
  4. ツーショット・個室系チャットコンテンツ・ライブチャット及びそれに関連するサイト、又これらを助長するコンテンツやそれらに関連するリンク
  5. 誹謗中傷を目的としたコンテンツ
  6. 画像のアップロードを目的とした、画像アップローダーの設置、
    不特定多数へのアップローダーの提供
  7. 高転送量のコンテンツ、迷惑メール行為を助長するコンテンツ
  8. ギャンブルサイト、賭博に関連するサイト及びリンク。私的な賭博やオンラインカジノの運営やリンク。但し、競馬・競艇・宝くじ等公的なものは、事前の承認が必要
  9. 暴力的、死体や自傷行為等の残虐的なコンテンツ及びリンク
  10. 個人情報の売買を目的としたコンテンツ及びリンク
  11. 他社サイトを偽装し、パスワードや個人情報の不正収集を目的としたコンテンツ
  12. その他、甲の禁止事項・利用規約範囲外で、甲が適切ではないと判断したコンテンツ
(2)行為の制限
  1. メールの大量送信(甲が提供しているメーリングリスト機能・メールマガジン機能を除く)
  2. 著作権・商標権等の知的財産権、財産権、プライバシー権、パブリシティ権、肖像権等の権利を侵害する行為や法令に違反する行為
  3. 他社サイトを装ったフィッシング行為、誹謗中傷、営業妨害、名誉毀損に該当する行為
  4. サーバーに著しく負荷を掛ける行為、サーバースペースを多人数で共有する行為は、有償・無償に関わらず禁止
  5. 動画・音声ファイル・大容量ファイルの公開及び、それらをダウンロードさせる行為
  6. スパムメール等のメール送信行為
  7. その他、甲の禁止事項・利用規約範囲外で、適切ではないと判断した行為
(3)CGI・PHP等の制限
  1. CGI・PHP等のスクリプトからのメール大量送信
  2. ツーショット、個室系、ZOOCHATなどの複数系チャット
  3. 高負荷CGI・PHPの禁止(自動リロード機能や高アクセスのゲーム等)
  4. 検索サイトの禁止(外部の検索エンジンを呼び出すことなど)
  5. 第三者のサイトから実行されるコンテンツ(アクセスランキングなどは除く)
  6. スクリプトを貸し出しする行為
  7. CGIなどサーバーの動作を脅かす危険性のあるCGIの設置
  8. C言語などによるバイナリ実行ファイルのCGI
  9. その他サーバーに著しく負荷を掛けるおそれのあるCGI・PHP等の使用

以上の本規約は、2012年1月1日からから適用されます。

セカンドエイト 株式会社
ランディングページ事業部

〒060-0004 札幌市中央区北4条西13丁目1-2 RICH植物園BLDG 3階
電話:011-209-2855(代表)
http://www.second8.co.jp/
info@second8.co.jp

事業内容

PAGE TOP