代表 ごあいさつ

広告宣伝&Webソリューションを実践する企業。セカンドエイトです

セカンドエイト株式会社 代表取締役 成瀬武夫

インターネットの普及によって、社会インフラの構造変化、市場の商品がコモディティ化している現在、企業をとりまく環境はめまぐるしく変わり、消費者の生活スタイルが急速に大きく変化しています。

2003年3月、セカンドエイトは、広告宣伝とインターネットを最適に組合わせて、クライアントに提供する、支援することを目的に設立いたしました。何かのご縁があって、クライアントの仕事にかかわっている私達が、いろいろな仕事を通じて社会にかかわっています。そのような中で私達は人として成長をし、誠実に仕事に向き合って、感謝の気持を大切に、日常的な仕事でも改善と工夫を忘れることなく、仕事の創造を目指して活動しています。

私達セカンドエイトが日々実践する具体的な仕事は、広告宣伝とインターネットに関連する物件について、プランニングを行い、課題をクライアントの立場に立って解決することです。広告宣伝とWebソリューション企業として、クライアントの企業で起きている課題の解決を進めて行くことが私達セカンドエイトのビジネススタイルです。

担当スタッフや社内ミーティングの中で気づくことは、クライアント各企業の広告宣伝とWebに関連する方向性や目的が、各企業それぞれ多種多様であるということです。外部へ情報発信するテレビやラジオ、折込チラシやDM、それらの販売促進ツールを機会として、エンドユーザーがホームページへ来ていただく動線の仮説を立て、プランニングを行い、実施、検証をしながら、また、次の展開を継続的に行います。

誤解のないようにお伝えしますが、一定のご予算の中で、必ず集客する手段や方法は残念ながらございません。一時的に爆発的に集客する、ここ最近流行のフラッシュマーケティング(レストランや各種イベント、エステサロンなどで、短期間にクーポンなどを販売して集客すること)は、集客はしますが、それらから将来の固定顧客になる比率が、残念ながら非常に低くなっているのが現状です。

私達セカンドエイトは、広告やIT業界にありがちな派手さはありませんが、クライアントの想い、消費者の想いを大切にして、より良い場面でクライアントと消費者を結びつけるお手伝いができればと思っています。

それぞれを結びつける機会を設けるのが、私達の広告宣伝とWebソリューションです。消費者の背中を『そっと押してあげる』、『一歩を踏み出していただく』ために、広告宣伝のプランニングから実施、ホームページの制作と運営管理を行っています。特に、興味のある情報について、テレビやラジオ、新聞や雑誌、折込チラシ、ネット、SNSの情報に出会った潜在顧客のほとんどは、ホームページで会社概要や商品の仕様など詳細を確認しています。

つまり、現時点で、ホームページの役割は非常に増しています。私達はホームページの新規公開、リニューアルをスタートとして、クライアントの広告宣伝やサイトの運営管理を行い集客し、これらからブランド戦略までもサポートできればと思っています。

私自身、1998年にインターネットに出会い、12年前に広告宣伝とインターネットを最適に組合わせご提案できる企業をと考え、セカンドエイトを創業しました。何か興味に思ったことや気になることがございましたら、お気軽にお電話やメールでお問合せ下さい。

2014年3月

セカンドエイトについて

PAGE TOP